土曜日, 4月 14, 2018

あっ!この味だ <世界見聞録>

私は帰国した後も、外国人をカウチサーフィンCouchsurfingで「選んで」我が家に招いてい旅してます。
(カウチサーフィンについてはこちらです⇒ カウチサーフィン事始め

いま東京の我が家に滞在しているカップルは、世界を旅するフランス人。昨年の夏から南米、そしてアジアへ、日本へと歩みを進めて、明日バリへ飛び立つ前に我家にやって来ました。


彼らはフランスのブリターニュ地方出身です。これ食べてみてねと、ブリターニュの味を日本で探して持ってきてくれました。

食べてみて、あっ!この味食べたことある、と思い出しました。




それはベルギーの友人宅の事です。2016年の世界一周の旅の途中に1週間ほどの「休暇」をとりました。


それまで2か月、移動に次ぐ移動で心も体も疲れ切っていたので、私にとって第二の故郷ベルギーの、それも実にフランダースらしい片田舎に住む彼らの家での1週間は、心身共に体の芯からリフレッシュできました。



毎朝、家の主は近くのパン屋さんに出来立てのパンを買いに行きます。
毎日違う味のパンを買ってきて「おう、これ食え」と差し出してくれます。

朴訥で優しい主と、笑顔がステキな奥様。

その時に出てきた味に、今朝また出会えました。



旅の記憶は風景だけでなく、そこで出会った人、匂い、そして味が、深く体に刻まれます。

時間とともに忘れてしまいますが、ふとした瞬間にその記憶が解き放たれる。


そんなステキな瞬間が朝からやって来て、一日が楽しく過ごせる予感が満ちています。



旅は日常。ではでは@三河屋


参考:
<世界見聞録>一覧
世界一周2016

0 件のコメント:

コメントを投稿