日曜日, 6月 23, 2019

西日本22日間の旅を1.2万円で


1万2千円、えっ!? そんな費用で旅ができるの?!

誰もが驚く低予算で、最高の旅をしてくる。それが三河屋幾朗です。

東京~鹿児島往復で1万円強の基本費用。そういう旅が誰でも出来ますよ、というテンプレートを示すのが今回の目的でした。

本当はゲストハウスに泊まる予定ではなかったので、それを除くと1万円以下の基本費用で西日本を旅したという事になります。

旅の二大出費は移動と宿泊。これをゼロに近づければ、それ以外の部分に費用がかけられるので、より有意義な旅が経験できます。

日本の各地に友人・知人・拠点を持てば、経済的に自由な旅が出来ます。お金をかけた旅なんて誰でもできる。お金をかけずに最高の経験をする、それがエポックメーキングな私の提案です。

これは日本に限ったことではありません。世界中に友人を持てば、宿泊費を削減しその分を友人に還元すれば喜ばれること請け合いです。

固定観念に縛られた従来の旅のやり方を、ここでリセットしてみる。そいういう提案を具体的な活動で示してゆきたいです。


水曜日, 5月 29, 2019

【緊急提言】登戸の通り魔事件を考える:どう対処すればよいのか?

悲惨な事件が起きてしまいました。心の安寧が保てません。

犯人は自殺し、証言も取れません。

ただ、「死ぬなら自分だけで死ね」と言うのは避けなければいけません。

「次の凶行を生まないため」です。

分かりやすく諭す、Yahoo!ニュースに載った藤田孝典さん(NPOほっとプラス代表理事 聖学院大学人間福祉学部客員准教授)の記事を転記します。なるほど。これは的を得たコンテンツだと私は思いました。

また、それに続いてこの事件についての私なりの考察も記します。


木曜日, 5月 09, 2019

江東区への手紙:保育士ブラック、もう止めましょう3:再回答が届きました


江東区に保育士の有給休暇取得についての公開質問状を送りました。

 江東区への手紙:保育士ブラック、もう止めましょう(追記あり)

その回答が公式文書として届きました。総務部職員課からでした。驚く内容でした。

 江東区への手紙:保育士ブラック、もう止めましょう2:回答が届きました

内容に唖然としました。それで再度こちらから疑問点を質問しました。(質問はこちら

その「回答」がこちらです。前回は総務部職員課、今度は保育課からです。

お読みください。

江東区への手紙:保育士ブラック、もう止めましょう2:回答が届きました

痛ましい事故が起きました。大津市の交差点で2019年5月8日、保育園児の列に車が突っ込み、2人の園児が亡くなりました。交差点で衝突した車の一方が、歩道に乗り上げて、園児の列に突っ込み、フェンスで止まりました。園児はその下敷きになりました。

ニュース映像は見るに堪えないものでした。なぜこんな事故が起こるのか。

ハフィントンポストジャパンが #保育士さんありがとう のキャンペーンを始めました。

#保育士さんありがとう 大津の事故を受け、ネットで励ましの声 「本当に慰められる思い」と保育現場の声

保育士の妻に聞くと、園外保育はことのほか気を遣っているとのこと。保護者からは園外保育の要望が多く、保育園の評価機関でも「もっと園外保育を」と外散歩を求める意見が寄せられるのだそうです。その要望に保育士さんたちは一生懸命応えています。それはどの保育園でも同じでしょう。小さいけど、命を預かっているのです。

安全対策講じていた保育園「どうやって身を守ればいいのか」 大津園児死傷事故

そんな中での事故は、あまりに痛ましく、心が引き裂かれる気がします。

待機児童という名の強烈なプレッシャーの犠牲者になって、妻から聞く保育の現場は酷いものです。保育ではなく「保護者対応」という名の保護者への事実上の「教育」に時間が割かれます。

世の中が世知辛くなり生きづらくなっているうえに、家族の形態も多様化しています。江東区という土地柄、かなり複雑な家庭もあるそうです。児童手当はシングルマザーの方が有利なので、書類上離婚して同居している例などは珍しくないと言います。道理の通らない保護者に汲々とします。ベテラン保育士の妻の帰宅時間はどんどん遅くなり、労働時間は年々増える一方です。

前回は江東区へ公開質問状を送ったところまででした。(前回ブログはこちらへ)
今回は江東区からの公式回答を公開します。

休みが取れない保育士さんの待遇改善を、切に希望してこのブログを送ります。これは決して江東区を攻撃しているわけではありません。共にアイディアを出し合って、解決策を出す会話の起点にしたいのです。また、広くご意見を頂きたいと思います。文末にはコメント欄を用意していますので、どうぞお寄せください。


では江東区からの回答の全文、お読みください。(名前は伏せさせて頂きます)

火曜日, 4月 30, 2019

なぜ 安倍晋三氏は これほど長く首相を続けられるのでしょうか?

これまでの品位を欠いた国会発言の数々

「李下に冠を正さず」に反する忖度三昧の政府と官僚。

その責任をないがしろにする日本国の首相、安倍晋三氏

なぜこれ程の「国難」とも思われる宰相の登場にも関わらず、第一期、第二期と長期政権が維持できるのか。その理由は何なのかを、平成最後の日の記念として記しておきたい。

出所:Wikipedia

理由は簡単です。この人材は「キングメーカー」からすると極めて使い易いからです。

5つの理由をあげます。