金曜日, 5月 18, 2018

ノマドへの新兵器:三代目

前回のノマドへの新兵器

125㏄以下の原付二種のオートバイは、無敵の旅の道具です。


初代に続き、二代目もドナドナしました。

 (参照:ドナドナされるブリちゃん二代目「さよならブリちゃん」)


トラックの荷台に載せられて、連れていかれる二代目ブリちゃんを見送って、早速ポチっとしたのがこれ、三代目です。原付ではありません。一般道の制限速度はクルマと同じ60キロです。

驚異の低燃費、65Km/L。東京から名古屋へ行っても千円かかりません。




世界のスーパーカブは、ついに1億台突破し、不動の生産台数世界第1位となりました。

世界一役に立つバイク、世界一ふつうの人に愛されるバイク、風景に溶け込むバイク。

オートバイはその音にあるような攻撃性のある乗り物ですが、スーパーカブは唯一周囲に一切警戒感を抱かせない、人の心の中に溶け込んだオートバイだと思います。

(出典:ホンダ技研1億台記念特設ページ)


そして、今の旅のスタイルはこれ。

原付二種で110㏄なので、高速は乗れませんが一般道の時速60キロまでOKなのは、車と同じです。実際には時速100キロ手前程までエンジンは伸びます。

そんな速度でもふらついたりせず、実に安定しています。






振り返れば、故障に泣かされた初代と二代目ブリちゃん。

旅先で動かなくなって、自宅へ戻って軽トラを借りて回収に行ったことも。



とにかく雨に弱い。水を吸ってエンジンが止まってしまいます。

交通事故もありました。

雪の日もありました。


素晴らしい風景に出会った時は、彼と一緒にその人時を楽しみました。



朝起きて、イグニッションキーをONにしても、何の反応もない、それも旅先で。

 SACHS Madass 125 購入を考えている方へ


トラブルが縁で、一生の出会いを得たこともありました。

 北海道旅2013秋 奇跡なのかこれは


そんなトラブルの数々を思い出し、旅を「濃厚」にしてくれた初代と、二代目に感謝しています。



三代目は鋼鉄の信頼性と無敵の経済性


トラブルだらけの「痛み」に懲りて、無敵の信頼性を誇るスーパーカブ110に乗り換え、快適度は格段に上がりました。驚愕の経済性も見逃せません。

・雨でエンジンが止まらない(当たり前が嬉しい)
・驚異的な燃費性能:65km/L
・ポジションが自然で疲れない

・驚くほど荷物が積める
・女房が好んで後ろに乗る


女房に言わせると、後ろに乗ってると360度の景色がオープンエアで楽しめてステキよ、そこがクルマとは違うとこね、とのことです。

休日には「ブリちゃん散歩」と称して、二人でブリィーっと近場に出かけることもしばしば。



比類なき燃費性能は、ハイブリッドなど蹴飛ばします。

東京~名古屋374kmは、ガソリン5.75リットル。費用にして800円です。(145円/L)

電車だと鎌倉までが918円なので、鎌倉すら行けません。

私は自転車でも旅をしますが、自転車のエンジンは人間です。374キロ走って800円では、お腹が済みません。



この比類なき経済性は、例えば東京~鹿児島1413km。ガソリンなら21.7リットル。費用にして3,150円です。


時間を自由に使える人は、こういうお金のかからない旅の道具が使えます。




ちなみに、ブリちゃんの名前の由来はこちらです。


ではでは@三河屋幾朗



参考

三河屋幾朗ってどんなヒト?
ダブルインカムからシングルインカムへ
ダブルインカムからシングルインカムへ その2
快感:社会の鎧を脱ぐ
3時ラー なるもの
シュフばんざい: House-husband
外国人を家に招く
LGBTとの出会い
褒めるときは褒める JALへ
叱る時は叱る 国交省に電話する
デモに参加するということ
お金を使うか、お金に使われるか
一番好きな言葉: 小欲知足


人気のページ

英語は40歳を過ぎてから
ミニマリストとの出会い
日本の労働生産性を上げる10の方法:脱社畜のススメ(さらに、さらに更新)
オフグリッド事始め 100Wソーラー自家発電発進
『老人の取扱説明書』を読む

0 件のコメント:

コメントを投稿